透析母さん、今を生きる。

数あるブログの中、ご覧いただきありがとうございます。こちらは母の人工透析と、介護・実家の片付けのブログです。

告白

こんにちは。

 Twitterで漫画風の絵を描いたと言ってましたが、やっと出来ました(汗)

完全アナログで描きたかったンですが、画材がなかった(古くなったので全部処分した)ので下絵はペン、後は「アイビスペイント」というアプリで仕上げました。

 まともに描かなくなってから…約20年振りです(汗)

というのも、若い時にうつ病になり、突如として絵が描けなくなってたのです。(これはあまり信じてもらえない話なのですが…)

しかし、SNSの進化やアプリで気軽に描けるようになったおかげで少しずつやってみようと思い、イタズラ描きからちょいちょい再開して今ココです。

 何より、フォロワー様の励ましが一番のモチベーションでした。

本当に、感謝感謝です。

コミックエッセイ風にこれからも描いていきたいので生あたたかく見守っていただけたら幸いです(笑)

前説が長くなりましたが…ここからが本編ですm(_ _)m

えーと…母親が退院してからまもなく1週間が経ちます。

こないだ実家に行ったら予想以上に元気で楽しそうで拍子抜けして笑いっぱなしで帰ってきました。

具合には波があるので気を抜かずに見るのが第一条件ですが、父親も穏やかに見守っているので今はいいかと思っています。

んで…今回の主役は兄です。

退院する前に、電話が来た時のことでした。

自身の生活や地元の介護サービスについての不安を言いたかったらしくて自分はずっと聞いてました。

そしてしばらく話した後に↓のコマに続きます。

f:id:kokocroc:20170820175622j:image

多分こんな感じで言った…んだろうな(想像)、黒塗りのところは「婚活」というまさかの告白でした。

その時の自分がコレ。

 f:id:kokocroc:20170820175741j:image

 母の具合の話よりもビックリし過ぎてしばらく声が出ませんでした。

子供も欲しいとは、人生で初めて知った事実。

若い時から付き合う女性の影がなく、結婚なんて考えているように見えなかった。だから余計にビックリした。

ちなみに兄は40代後半。一体何年婚活をしてるかわからないけど、話を聞くうちにじわじわと、幾つかの「何故」が渦巻きました。

何故今頃宣言したのか。

何故もっと早く言ってくれなかったのか。(昔、友達が兄を気にしてたのですよ…)

子供が欲しいなら何故婚活を最優先にしなかったのか。

…確かに昔、旦那さんが兄に「結婚とかは…?」とそれとなしに聞いたことがあったんですよ。

それについての答えは、「好きな人は自分で見つける」だった。

それから数年…ずっと探し求めてるようだが、もしかしたら彼の理想の人は母を愛してくれる人」じゃないかと思っている。そのくらいママっ子なのだ。

…母に嫁ぐ感じがしてアレなんだが、嫁ぐのは男性と添い遂げるためで、義理の家族への愛はまた違うスタンスなんだよ、ね。

兄をdisる訳はないが、夫婦と身内への気遣いは別物だという重大さに気がついていない。

例えば自分も、母の様子を見てある程度のところで帰ろうとすると微妙な顔をされる時がある。しかし自分もやることがあったり、家族がいる。どちらも大事だけれど、やっぱり旦那さんが大切だ。嫁ぐというのはそういうことなのに、イマイチわかってない。

この辺をちょっとでも理解すれば、出会いはあるかもしれない。それにもういい歳だし、見方を変えて、子供さんのいる方とお付き合いの関係でも悪くないのでは?とも思う。(提案はしたけれども…)

あと…子供と言い出したのは、母に孫の顔を見せたいってのが一番なんだろうね。何よりも親を優先するのは素晴らしいけど、やっぱり家族を作る意味を彼なりにじっくり考えて欲しいなと今回の件で感じたのでした。

う~ん、1週間経っても衝撃が褪せないのもすごいやね(汗)