透析母さん、今を生きる。

数あるブログの中、ご覧いただきありがとうございます。こちらは母の人工透析と、介護・実家の片付けのブログです。

もう少ししたら転院します。

  1.  

こんにちは。

一昨日、お医者さんから話があるとのことで、兄と伺ってきました。

内容は「退院か転院どちらにしますか」というものでした。

病院へ行く前の晩、兄から連絡が来て自然と母の様態と体力の話になり、

「俺としてはまだ今の病院で診ててもらって欲しい」と話していました。

というのも、リハビリをほとんどしていないので

少し体力をつけてから帰宅するのがベストなのでは、と。

これには自分も同意でした。

そして当日。

向かうバスが渋滞になり、予定時刻から遅れてしまったので

初めから話を聞くことは出来ませんでした。

(兄から一緒に話を聞こうと言われていたのですが、

先生も午前中しか時間がとれないと言っていたので

待たせなくなかった)

後から兄経由で聞いたのが

今は一応様子を見させてもらって、

①地元の病院

②地元から同一地域の他の病院

③市内の病院  

の3候補からokが出たら転院するという話でまとまりました。

ただ、①・②だと悪くはないけど、入院まで受け入れるかは微妙。

③はリハビリ施設がしっかりした病院だし、

自分か通うのはかなりラクになります。

地元で療養が実家としてはいいんだろうけど、

ワタシの本音は③でした。

この際なんとしてもリハビリをして欲しかったからです。

そんな話をしてて、30分くらい経った頃でしょうか。

先生が自分たちの元へ来てくれました。

面談の後、すぐに候補①である地元の病院へ問い合わせをして下さったら、

あっさりokしてくれたそうなのです(汗)

あまりにも簡単に話が進んだので「へっ?」状態でしたw

ただ、透析や体力面・手続きの関係で

もう少しはこのまま過ごす形になります。

あとは月末に各書類が届いたり、

介護度が確定するのでまた忙しくなります。

それと、母には妹が(自分の叔母)いるので

お手伝いを頼もうよと兄に話しました。

「んだね」と昨日返事がきました。

普段の自分は、交渉やお願い事をするのが

かなり苦手です。

でも、こういう問題は人の手が多ければ多いほど助かります。

気持ち的にも軽くなるし。

何より、こうなってしまった以上

大っぴらにして周囲に知ってもらった方がいいしさ。

そんな訳で、引き続き頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48479701.html