透析母さん、今を生きる。

数あるブログの中、ご覧いただきありがとうございます。こちらは母の人工透析と、介護・実家の片付けのブログです。

涙。

 

おひさしぶりですこんにちは!

 

昨年の夏に更新して以来、ずっと放置しておりました・・・すみません・・・

 

9月末から介護講座に行っていたり、

日々の慌ただしかったさにずっかり流されておりました。

 

年末には実家へ行ってきたのですが、

寒波(による大雪)と、

月の中盤にひいた風邪による体調不良で会いに行けてません。

特に風邪にはひしゃまししたの!

(山形の置賜地方の方言で、「大変な目に遭った」的な意味)

インフルエンザみたいな症状で、のどは痛いし39度近く熱が出て下らんし。

具合が悪いなと思った段階で病院で検査を受けて、陰性ではあったのですが

限りなく陽性っぽい風邪だったかなぁと・・・

ただ、そうすると旦那さんにもうつってた可能性が高いので

向こうに被害がなかっただけ良かったかなと思っています。

 

そんな中、夢を見ました。

母親が出て、話をしただけだったんだけども・・・

認知症になった姿ではなく、

一昨年までの「普通に話をしていた頃の」母が出てきました。

「あんたとあんまり話してなかったからさ」と言ってて、

他愛のない話から、人生観のまで話していました。

(夢なので、はっきりとはわからなかったけど

真面目な話まで切り込んだ記憶がある)

そして、どんな会話なのか本当にわからないのですが

「あんた、もういいよ。わかったから」と言われてね。

そン時、謝りながら泣いていたのですが

本当に寝言で泣いてしまい、ヤツに声をかけられました。

 

未だに何だったのか、

どんなシチュエーションで泣いたのかあいまいでね。

「夢でしょ?ツマンネ」

「落ちはないの?」と思われるかもしれん。

自分でも何でそんな夢だったのか不思議だからね。

 

けれど、それまで積みあがったたくさんの「ごめんなさい」があって

(良き社会人になれなかったとか、子を授からなかったとか)

それを母を通して懺悔してたように思う。

 

そういった後悔の念を抱えて生きるのは誰にでもあるし、

母の姿をした「何か」に謝ってたのかもしれん。

 

だからこそ今年はやりたいことを丁寧にやっていきたい。

泣いて謝るのは夢の中だけで済ませたいから。

 

母にもそういう姿を見せたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

告白

こんにちは。

 Twitterで漫画風の絵を描いたと言ってましたが、やっと出来ました(汗)

完全アナログで描きたかったンですが、画材がなかった(古くなったので全部処分した)ので下絵はペン、後は「アイビスペイント」というアプリで仕上げました。

 まともに描かなくなってから…約20年振りです(汗)

というのも、若い時にうつ病になり、突如として絵が描けなくなってたのです。(これはあまり信じてもらえない話なのですが…)

しかし、SNSの進化やアプリで気軽に描けるようになったおかげで少しずつやってみようと思い、イタズラ描きからちょいちょい再開して今ココです。

 何より、フォロワー様の励ましが一番のモチベーションでした。

本当に、感謝感謝です。

コミックエッセイ風にこれからも描いていきたいので生あたたかく見守っていただけたら幸いです(笑)

前説が長くなりましたが…ここからが本編ですm(_ _)m

えーと…母親が退院してからまもなく1週間が経ちます。

こないだ実家に行ったら予想以上に元気で楽しそうで拍子抜けして笑いっぱなしで帰ってきました。

具合には波があるので気を抜かずに見るのが第一条件ですが、父親も穏やかに見守っているので今はいいかと思っています。

んで…今回の主役は兄です。

退院する前に、電話が来た時のことでした。

自身の生活や地元の介護サービスについての不安を言いたかったらしくて自分はずっと聞いてました。

そしてしばらく話した後に↓のコマに続きます。

f:id:kokocroc:20170820175622j:image

多分こんな感じで言った…んだろうな(想像)、黒塗りのところは「婚活」というまさかの告白でした。

その時の自分がコレ。

 f:id:kokocroc:20170820175741j:image

 母の具合の話よりもビックリし過ぎてしばらく声が出ませんでした。

子供も欲しいとは、人生で初めて知った事実。

若い時から付き合う女性の影がなく、結婚なんて考えているように見えなかった。だから余計にビックリした。

ちなみに兄は40代後半。一体何年婚活をしてるかわからないけど、話を聞くうちにじわじわと、幾つかの「何故」が渦巻きました。

何故今頃宣言したのか。

何故もっと早く言ってくれなかったのか。(昔、友達が兄を気にしてたのですよ…)

子供が欲しいなら何故婚活を最優先にしなかったのか。

…確かに昔、旦那さんが兄に「結婚とかは…?」とそれとなしに聞いたことがあったんですよ。

それについての答えは、「好きな人は自分で見つける」だった。

それから数年…ずっと探し求めてるようだが、もしかしたら彼の理想の人は母を愛してくれる人」じゃないかと思っている。そのくらいママっ子なのだ。

…母に嫁ぐ感じがしてアレなんだが、嫁ぐのは男性と添い遂げるためで、義理の家族への愛はまた違うスタンスなんだよ、ね。

兄をdisる訳はないが、夫婦と身内への気遣いは別物だという重大さに気がついていない。

例えば自分も、母の様子を見てある程度のところで帰ろうとすると微妙な顔をされる時がある。しかし自分もやることがあったり、家族がいる。どちらも大事だけれど、やっぱり旦那さんが大切だ。嫁ぐというのはそういうことなのに、イマイチわかってない。

この辺をちょっとでも理解すれば、出会いはあるかもしれない。それにもういい歳だし、見方を変えて、子供さんのいる方とお付き合いの関係でも悪くないのでは?とも思う。(提案はしたけれども…)

あと…子供と言い出したのは、母に孫の顔を見せたいってのが一番なんだろうね。何よりも親を優先するのは素晴らしいけど、やっぱり家族を作る意味を彼なりにじっくり考えて欲しいなと今回の件で感じたのでした。

う~ん、1週間経っても衝撃が褪せないのもすごいやね(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰還

こんにちは。

f:id:kokocroc:20170818120008j:plain

母の帰還から3日目です。

そして、退院して初めて会ってるところです。

ホッとして、元気な顔をしています。

心配してたネガ発言もなくて、ちっと安心しています。

来て気づいたんだけど、ベット下にズボンが落ちていたのを発見。しばし雑談の後、父が聞いたら暑いから脱いだと言っててね(^_^;)

自分も父も「おしめ交換」のサインだとわかって…初めてやりました。

食べながらご覧になっていらっしゃる方がいたら本当にごめんなさいm(_ _;)m

最近はYouTubeで介護技術の動画もあるから、それ見て練習してた。タオルを下半身風に作って、新聞紙をオムツに見立てて。

淡々とやってたからか、嫌だとは思わなかったです。あとネコの話して気を外らせてた。

とにかく、安心して過ごしています。

多分、自分が知る中で一番優しい顔だと思う。

いろいろあるけど、安らいでるなら今はいっかと見ています。

お食事の話。

こんにちは

今日もさっきまで話し合いでした。

11日に帰る話でしたが、
お盆終盤の15日に変更になりました。

母親の様態は変わらず、元気です。
気分にムラはあるものの、明るい表情なので安心しています。

今回、家に帰ってからの食事管理まで話がありました。中でも塩分は一日6㌘、タンパク質は50㌘、総摂取カロリーは1600と、一見普通。けれども漬物やお味噌汁も(塩分もそのものの量も)減らしたり、果物も生野菜もNGです。摂るならごく少量、野菜は茹でるか水にさらしてカリウムを極力減らしてから調理です。野菜もブロッコリーや葉野菜のような色の濃い野菜にカリウムがあるので、避けて…と、普通なら積極的に摂りたいものが透析になるとダメなんですね。もちろんカリウムが溶け出した水のまま料理はダメ。
豆もカリウムを豊富に含んでいるのでもちろんダメ。ただ、旬のものが食べられないストレスも鑑みて、これも少量なら…とのことでした。

制約がたくさんあるんだ…ね…

逆に唐揚げなどは食べ過ぎなければオッケー。タンパク質を油で補うので、大丈夫なんだそうです。

一番意外だったのは麦。カリウムが多いと思ってたんですが、問題ないと。パンも薄切り食パン1枚くらいなら…だって。

聞かないと本当にわからないやね。

理想的なのはご飯、お皿にメインのタンパク質おかず。小鉢にお野菜。あと本人は麺類が好きで、兄の作るナポリタンが大好きなのでそれについても質問していました。パスタはラーメン類よりは塩分が少ないので、茹でる時に塩を入れず、ケチャップも少な目で作れば良いと回答を得られました^_^;もちろん具材は水洗いです。

来週までの時間、ご飯や介助を勉強して頑張ります。

申し込みしたよ

こんにちは

昨日、介護職員初任者研修の講座の申し込みをしました。

7月末に説明会があり、ひと月前から講座について業者・職業訓練校・地域主催で講座をやってないか等、調べていました。

ところが、田舎だからかそれらの情報が極めて少ない‼

民間業者がフリーペーパーや市報などで宣伝してるくらい。職業訓練校は半年以上待たなくてはならず、NPO運営のデイサービスで講座を開いてても情報は去年のものでした。

これから高齢者が増えて行くというのに、家族に介護のことを教えたり、なり手を養成する場所が極めて少ないとは何故なんだろうと調べていて呆然としました。(若い人の場合は専門学校などで資格を取るのでしょうね…)

また、それらを受講し終わるまで時間がかかるのも事実です。

というのも、介護職員初任者研修は日程が15日間・講習は7〜8時間。
講習日程は短期(15日連続講習)から週一コースまであります。しかし、詰めてやらなくてはならないので大変な部分はあります。

「働きながら取れる」とガイドには書いてあるけれど、それなりの年齢の人が改まって時間を作るとなると難しいのも現実です。

養成所が追いつかないなら、せめて簡易講座を地域でやればいいのに。
声がけとコミュニケーション、車椅子やベットから移動、おしめ交換。この3つを教わりたい人も多いハズです。この先避けて通れない訳だし、この際みんなで学んで行こうねとすればラクになるのでは?なんて思ったのでした。

ちょっとボヤいてしまってごめんなさいm(_ _;)m

網膜剥離と退院

こんにちは

f:id:kokocroc:20170803103051j:plain

猛暑でお盆まで行くかと警戒していますが、8月に入った途端にカラッと爽やかな天候で経過しています。

母親は体力も食欲も元気です。

それで…急な報告ですが、来週退院になりました。

入院生活のリミットが3ヶ月という事で、いよいよ在宅介護です。どうなるか全くわからないけど、ヘルパーさんと連係してやってくしかないです。

更に、今しがた連絡がありました。実は母は左目がほとんど見えなくなってまして…網膜剥離と診断されてます。(たぶん糖尿から来てンだと思うけど…)

で、手術するかどうか先生から話を兄が聞いて来ました。

結論から申し上げると、
「手術も何もしない」となりました。

理由は、全身麻酔しなければならない事と、大学病院に転院する手間を考えた結果でした。これは家族の意向ではなく、先生からの提案でした。兄は(声の様子で)ガックリ来てたけど、自分は仕方ないと思ってます。厳しいとか冷酷と言われるかもしれないけど、不摂生で病気になった上に、ここまで手を尽くしてもらってるからね。医療機関の皆さんには本当に感謝しています。

そして…自分も今回の件を受けて、介護職員初任者研修の資格を取ることにしました。そっちの道に進むかは学びながら考えます。

バイトと英検と介護の資格。
腹決めて取り組みます。

療養会議其の似


こんにちは:-)


連休の暑さに、近所の猫ちゃんも溶けてます。

f:id:kokocroc:20170715091734j:plain

皆様はどうでしょうか?

ところで…

昨日、兄からメールと電話が来ました。

また病院から母親の療養会議を開きたいと言われたので来られるかどうかの確認でした。

病院側が提示した日程で自分は構わなかったので、了承し、一旦は決まったんですよ。

しかし明けて1時間前。メールが来て「その日ダメになった。ケアマネが来られないんだって!」と兄からメールが。以前の会議でも顔合わせ出来なかったし、秋以降は在宅介護が待っているので、兄はちょっと怒っててさ…春に決まってから顔をみたことがないから余計不安っていう…

だもんで自分は、相談員の人に別のケアマネさんに変更できないか聞いたら?と返事しました。

あと、案件の順番があるだろうし、ケアマネ数に対して担当しなければならないお年寄りも多すぎるんだとも思う。

兄がやきもきすンのもわかるけれども、そういった状況も想像出来るからね…

話を戻しまして…結局会議日は、一度決まった日の前日になりました。

一応元気だけれど、様態や四肢機能に不安もあり(リハビリしていないんだと思う)、帰れるどうかもわからないみたいとも言ってたからね。

施設で見てもらった方がいいような気もする…

再来週の会議でまた話し合うしかないなぁ。